シロアリ対策で使われる薬品によって受ける健康被害

男性よりも女性の方が健康被害を受けやすい 男性よりも女性の方が健康被害を受けやすい

シロアリ対策の薬品によって事故が多発している

傷んだ木材

自宅にシロアリが発生したら、早急に対策をしなければいけません。シロアリ対策が早ければ早いほど、シロアリによる被害を小さく抑えることができます。しかし、対策で扱う薬品が原因となり事故が起きることもあるのです。ここでは薬品を使用して起きる事故に関して紹介していきます。

シロアリ対策で使用されている薬品の現状を把握する


シロアリ対策の薬品によってどんな事故が起きているんですか?
体に良くない症状が出るという事故が起きています。その中でも、特に多いのは喉の痛みです。次に頭痛の症状が多く、その次には嘔吐の症状が多いとされています。シロアリ対策で使われている薬品の多くは、健康に影響のある成分も含まれているので、間違った扱い方をすると体に様々な症状が起きます。また、使う薬剤の種類によっては臭いがきついものがあるので、喉に刺激を与えることや、気分が悪くなることもあるのです。ですから薬剤を使用する際は、マスクを着用するなどしましょう。
どんな人が被害に遭っているんですか?
被害に合う人の8割が女性だといわれています。特に40歳以上の女性が薬品の影響を受けやすいので注意しましょう。ちなみに男性の場合だと50歳以上の人が薬品の影響を受けやすいのが特徴です。しかし女性と比べると薬品の影響を受けにくいといわれています。もし、薬品を使ってシロアリ対策をすうことがあるのであれば、できる限り男性に薬品を取り扱ってもらうようにするといいかもしれません。もちろん薬品の影響を受けにくいと男性であっても、薬品に記載されている使用上の注意などを熟読した上で、安全に取り扱うことが大切です。

シロアリ対策は周期的に行なうのが基本です

シロアリ対策で使われている薬品には、人の健康に悪影響を及ぼすものが多数存在します。しかし、薬品の中には人体に全く悪影響を及ぼさないものもあるのです。

シロアリ対策の一般的な薬品の効果について

通常は5年毎にシロアリ対策の薬品を散布します(40代/男性)

現在、シロアリ対策で使われている薬剤は数多く存在します。従来使われていた薬剤は、一度散布してしまえば、散布した場所にシロアリをずっと寄せ付けないというものでした。しかし、薬剤による健康被害の問題がありました。最近では、科学技術が進んだことによって、健康面で被害が少ない薬剤が開発されました。この人体に害を与えない薬剤は、安全性が高い代わりに、効果持続期間が5年と決まっています。ですから定期的に散布する必要があります。

定期的に行なうため安全性の高い薬品が必須

薬品を選ぶ際は、駆除効果のみを見て選ぶのではなく、安全性もちゃんと考慮して選ぶようにしましょう。

安全な薬品でも駆除方法で危険度は増すこともある

薬品の使用方法を間違えると、室内の環境を悪くすることに繋がります。シロアリ対策で用いられる薬品を使用し過ぎると、気中濃度が高くなってしまうのです。この気中濃度が高くなると、人の健康に何らかの悪影響をもたらします。ちょっとシロアリ対策の方法を勉強したくらいでは、適切に薬品を使用できるようにはなりません。そのため、自分で薬品を使用することはおすすめできないのです。シロアリ対策をする場合は、自身の健康を守るためにも、業者に任せるようにしましょう。

TOPボタン