妊婦がいる家庭ではシロアリ対策を控えるのが賢明な判断

男性よりも女性の方が健康被害を受けやすい 男性よりも女性の方が健康被害を受けやすい

シロアリ対策の薬品が人体に妊婦や子供に与える影響

子供や妊婦がいる場合は、薬品の使用を控えた方が良いでしょう。どうしてもシロアリ対策をしたいという場合は、業者と相談することをおすすめします。

シロアリ対策の薬品による影響とは?

妊婦がいる家庭ではどのような影響が想定されますか?
胎児に悪影響が出る可能性が高いです。シロアリ対策で用いられる薬品のほとんどは神経毒が利用されています。成人した大人は抵抗力も強いので、少ない量の神経毒であれば特に後遺症などは出ることもないでしょう。しかし、お腹の中にいる胎児は、免疫力や抵抗力もまともに備わっていません。ですから、このような刺激に非常に弱いのです。場合によっては、発達障害を引き起こす恐れもあります。
子供にも影響はありますか?
まだ体に十分な免疫力がない子供は、薬品の影響を受けやすいです。シロアリ対策のために使用される薬剤を吸引すると、アレルギー反応によって喘息を引き起こすことがあります。現代では、人体へ悪影響を及ぼさないようにと、研究、開発が進められ安全性の高い薬品が作られているのです。ですが、それでもまだ完全に安全だと、確信できるレベルにまでは達していません。薬品を使用する際は、子供の健康を優先した上で使うかどうかを検討しましょう。

妊婦や小さい子供がいる家庭は

妊婦や子供が家にいる場合は、人体に害を与えないような薬品を選ぶためにも、専門業者の人と相談をして使う薬品を決めましょう。

欧米で主流のシロアリ対策~人体への影響が少ないホウ酸のメリット~

安全性の高い薬品
ホウ素は、人間にとって害のない薬品として知られています。また、ホウ素よりも食塩の方が体に影響があるといわれるほどです。このことから、このホウ素は、目薬に配合されていることや、食品の防腐剤として利用されていることがあります。
効果が長続きする
このホウ素は、シロアリやゴキブリのような生物にとっては猛毒となります。もし、過剰摂取してしまったら細胞レベルで代謝機能が停止します。そして、体の代謝機能がすべて停止することで、そのうち餓死してしまうのです。また、このホウ素は揮発することも分解されることもありません。ですから、効果が低くなることがないのです。雨風に晒されさえしなければ、半永久的にシロアリ対策としての効果が得られます。
住宅への影響も少ない
住宅の木材に、薬品を塗布してシロアリ対策をすることがあります。しかし、その際に使われる薬品は毒性もあり、臭いもきついのでできれば使用したくはありません。ところが最近では、ホウ酸塩を利用して木材を守るという方法が登場しました。これによって、人や家に害を与えることもなく、腐朽菌やシロアリから家を守ることができるのです。

TOPボタン