シロアリ対策で良く使われている薬品を紹介

男性よりも女性の方が健康被害を受けやすい 男性よりも女性の方が健康被害を受けやすい

シロアリ対策の薬品の種類とその選び方について

シロアリ対策で使われている薬品には、それぞれ特徴があります。その薬品の多くは、シロアリ駆除に高い効果を発揮するものばかりです。

シロアリ対策に使用されている薬品

フェニルピロール
この薬剤は、シロアリ駆除の効果が非常に高いです。即効性ではないものの、ドミノ効果によって多くのシロアリを死滅させることができます。シロアリの巣ごと根絶する際に、かなり使える成分です。しかし、毒性が強いため、家畜や魚類に被害が及ぶ可能性もあるので、使用の際は気をつけましょう。
フェニルピラゾール
少量で、シロアリを駆除することができるほどの毒性を持っています。この、フェニルピラゾール系もドミノ効果があるので、一度に多くのシロアリを死に追いやることができます。毒性が強く他の動物にも影響が出るという短所がありましたが、最近では改良が進められ、毒性を弱くすることに成功しています。
ネオニコチノイド
昆虫類にのみ、作用する特殊なタイプです。人や家畜、魚類に対して安全性の高いものとされています。この成分を摂取したシロアリは、刺激伝達が遮断され、伝達異常を起こすことによって死に至るのです。
カーバメート
刺激伝達物質の分解酵素を阻害することによって、シロアリを過剰に興奮させた状態にします。この興奮状態が続くことで、中毒症状を起こしてしまい、最終的には死んでしまうのです。この成分は殺虫剤などにも含まれています。
ピレスロイド
即効性があるので、すぐにシロアリ駆除をしたいという場合に使えます。しかし、薬剤を吹きかける量が不十分だと、シロアリは死ぬことなく逃げていくこともあるので、扱いが少し難しいです。人や家畜に対しては毒性が低いですが、魚類には毒性が強いという特徴を持っています。

自分でシロアリ対策の薬品を選ぶ時は

作業員

薬品には様々な種類があります。そのため、種類ごとによって、使用方法や使用上の注意が異なるのです。使用方法を間違うだけでも、健康被害に遭う可能性が高くなってしまいます。ですから、使用前に専門家に正しい使い方を聞いて扱うようにしましょう。

TOPボタン