従来、シロアリ対策として使われていた薬品は毒性が強かった

男性よりも女性の方が健康被害を受けやすい 男性よりも女性の方が健康被害を受けやすい

シロアリ対策をするなら天然成分の薬品が安全

シロアリ対策に使用される薬品の中には、健康に良くない成分が含まれていることがあります。使用される薬品に注意を払いましょう。

薬品の安全性について専門家に聞いてみた

以前までシロアリ対策に使用されていた薬品は毒性が強いので使用禁止になりました(40代/男性)

シロアリ対策として、昔使用されていた薬品は、一度使用すれば二度とシロアリ被害に遭わないといわれていました。しかし、あまりにも毒性が強すぎたので使用が禁止されたのです。また、この薬品は累積性が高く、土壌汚染の原因となるということも問題視されていました。この薬品の使用が禁止になった後に、また新しい薬品が使用されるようになったのです。この薬品も、毒性が強く、シックスハウス症候群の一因と考えられ使用されなくなったのです。安全性の低い薬品は、こうしてどんどん使用されなくなりました。

安全性の高さよりもシロアリ対策に効果ある薬品が多い(50代/女性)

以前から、安全性の高さよりも、シロアリ対策の効果が高い薬品が頻繁に使われる傾向にありました。それによって、人体に何らかの悪影響を及ぼし、嘔吐や頭痛などに悩まされる人が多かったのです。ですから、業者にシロアリ対策を依頼する時は、使用される薬品の安全性をちゃんと確認した方が良いといえます。薬品に使われる成分などを見て、ネットで調べればそれが人体にどのような影響を与えるかなどを知ることができるのです。

しかし最近は天然成分の薬品もある

自分でシロアリ対策をするのであれば、天然成分の薬品を使用すると良いでしょう。この、天然成分でできた薬剤は、天然除虫菊から抽出された殺虫成分を使用しています。天然成分は人体に悪影響を及ぼしにくいとされ、安全視されているのです。一般的に販売されている、普通の薬剤は毒性の強いものが多いため、取扱に気を使わなければいけませんでした。しかし、シロアリにのみ効果があり、人畜無害であれば専門的な知識がなくても、自分でシロアリ対策をすることが十分可能なのです。

TOPボタン